早いもので、事務所を移転して1年が経ちました。

西新は、福岡市の西の副都心ともいわれます。

西南学院などがあり学園都市という印象もありますが、古くは紅葉八幡宮を中心に栄えてきた門前町なのですね。江戸時代初期に、黒田家の殿様が唐津街道沿いのこの地に紅葉八幡宮を移してきたのが始まりだそうです。

周辺には、図書館や博物館など施設も多く、早良区の中心として区役所などの役所が集まっています。

生活空間として好条件が揃っているので、マンションなども増えています。そして、こうした市民の生活を支えるのが西新商店街。地下鉄西新駅から藤﨑交差点までの約1.5kmの区間に7つの商店街が集まったのを総称して西新商店街と呼んでいます。

昨日は、シーサイドももち花火ファンタジアも開催されました。この建物からもやや遠目ではありますが、写真のような眺めを堪能できました。ひとしきりの涼味ではありましたが、まだまだ夏真っ盛りです。