立春とは名ばかりと思っていたら、案の定、市内もとうとう雪景色になりました。ここ数年暖冬気味だったのもありますが、この寒さはあまり経験がありません。気象情報を見ても、西日本のこれほどの寒冬も珍しいようです。しばらく忘れていた手のかじかむ感覚を思い出して、タンスの引出しに眠っていた手袋を引っ張り出して着用しているのですが、これはたしか数年前に冬の札幌を訪れて以来ではないかと思います。何しろ、これほど氷点下の日が続いた記憶があまりありません。福岡はインフルエンザの発症も全国的に目立っているそうですから、気をつけたいものです。

 とはいえ、もうこの先は少しずつ春に向けて気候も和らぐだろう、と気象予報士の人も言っていましたから、花のほころぶのを待ちながら、もうしばらく蓑虫よろしく防寒着に身を包んで過ごすことにしましょう。