新型コロナウィルス対策用にスマホアプリとして提供されているココアの使い方については、ネットで解説記事を見つけることができるので、そういったものを参考にして検討することができます。こういうところはネットの利点の一つかもしれません。

難しいアプリではなくて、要するに”bluetooth”を起動させておけば、自動的に接近した履歴を識別用の符号(「接触符号」)で記憶しておくだけです。1メートル以内15分以上の接触を記録するそうですから、何人かで会合や作業をするときあるいは公共交通機関を利用するときなどに利用するとよさそうです。記録は14日後に消去されます。陽性が判明した人がココアにそれを登録すると、接触符号を通して接近履歴のある人にそれが通知されます。個人情報は取得しないので、ただ接触者に陽性反応が出たというだけです。あまり届いてほしくない通知ですが、届いたからといって慌ててもはじまりません。ココアの画面でメールか電話による相談方法が案内されるようですから、まずそれを確認すればいいでしょう。それに従って適切な措置を講じるということになりそうです。これは多分に自分のメモとして書いている気配がありますが。

当然そういう場合には、早めに感染の有無を確認するためにPCR等の検査を受ける手配をすることになるでしょう。厚労省のサイトに対応する診療機関のリストがありますので引いておきます。これは、厚労省が要請した「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」に基づく対応を行っている医療機関」だそうです。かなりの医療機関が含まれているようですから、最寄りの病院なんかをチェックしておくといいでしょう。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえたオンライン診療について(厚労省)

次の記事も参考までに。

新型コロナウイルス感染症に関する検査について(厚労省)