許認可、行政手続と起業のトータルサポート

建設関連業サポート

  • HOME »
  • 建設関連業サポート

建設業を営むには(軽微な工事のみを請け負う場合を除いて)建設業の許可が必要です。建設業の許可は、営業所を1都道府県内に置くときはその都道府県知事、複数の都道府県に置くときは、国土交通大臣が行います。

建設業の許可は、一式工事から専門工事まで広い業種があります。建設業は、大企業から一人親方まで、いろんな業種と業態を含む国の基幹産業です。

官公署などの公共工事を請け負うには入札等の制度があり、公共工事を請け負うにはあらかじめ経営事項審査を受けておかなくてはなりません。

このほかにも、建設業を営むには、さまざまな申請・届出などの事務が必要になります。行政書士は、許認可の専門家として、建設業のこうした法務事務に深く関わっています。

建設業の許可を受けるには、管理者、技術者などを置くこと、財産的基礎や信用があることなどの要件が求められますので、申請に当たってはこれらについて十分見通しをつけて準備するようご留意下さい。

お問合せはこちらまで TEL 092-407-8019 電話、メールによるご相談は随時お受けしています

PAGETOP
Copyright © 水谷経営法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.