許認可、行政手続と起業のトータルサポート

医薬品・医療機器等の分類

薬機法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器、再生医療等製品(このサイトでは、まとめて「医薬品・医療機器等」と呼びます)について、その品質、有効性及び安全性の確保のために必要な規制を行うとして、製造や販売に関する許認可手続きなどを定めています。

 

Ⅰ.医薬品

医薬品とは、次に掲げるものをいいます。

  1. 日本薬局方に収められている物
  2. 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であつて、機械器具、歯科材料、医療用品、衛生用品並びにプログラム及びこれを記録した記録媒体でないもの(医薬部外品及び再生医療等製品を除く)
  3. 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であつて、上記機械器具等でないもの(医薬部外品、化粧品及び再生医療等製品を除く)

Ⅱ.医薬部外品

医薬部外品とは、次に掲げるものであつて人体に対する作用が緩和なものをいいます。

  • 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せてⅠの2又は3に規定する目的のために使用される物を除く)であつて機械器具等でないもの
    イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
    ロ あせも、ただれ等の防止
    ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
  • 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、医薬品の項の2又は3に規定する目的のために使用される物を除く)であつて機械器具等でないもの
  • Ⅰの2又は3に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く)のうち、厚生労働大臣が指定するもの

Ⅲ.化粧品

化粧品とは、人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいいます(ただし、これらの使用目的のほかに、Ⅰの2又は3に規定する用途に使用されることも併せて目的とされている物及び医薬部外品を除く)。

Ⅳ.医療機器

医療機器とは、人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(再生医療等製品を除く)であつて、政令で定めるものをいいます。

Ⅴ.再生医療等製品

再生医療等製品とは、次に掲げる物(医薬部外品及び化粧品を除く)であつて、政令で定めるものをいう。

  • 次に掲げる医療又は獣医療に使用されることが目的とされている物のうち、人又は動物の細胞に培養その他の加工を施したもの
    イ 人又は動物の身体の構造又は機能の再建、修復又は形成
    ロ 人又は動物の疾病の治療又は予防
  • 人又は動物の疾病の治療に使用されることが目的とされている物のうち、人又は動物の細胞に導入され、これらの体内で発現する遺伝子を含有させたもの

Ⅵ.体外診断用医薬品

体外診断用医薬品とは、専ら疾病の診断に使用されることが目的とされている医薬品のうち、人又は動物の身体に直接使用されることのないものをいう。

お問合せはこちらまで TEL 092-407-8019 電話、メールによるご相談は随時お受けしています

PAGETOP
Copyright © 水谷経営法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.