許認可と行政手続きを通して、事業の立上げと運営をサポートします

薬局の開設

薬局とは、薬剤師が販売又は授与の目的で調剤の業務を行う場所(医薬品の販売業を併せ行う場合には、その場所を含む)をいいます。ただし、病院若しくは診療所又は飼育動物診療施設の調剤所は除かれます。

薬局を開設するには、その所在地の都道府県知事(その所在地が保健所を設置する市又は特別区の区域にある場合は、市長又は区長)の許可を受けなければなりません。

薬局の開設許可は、6年ごとに更新を受けなければ、その期間が経過したときにその効力を失います。

許可の基準

薬局を開設するには、つぎの基準を満たす必要があります。

  1. 薬局の構造設備が、べつに定める基準に適合すること。
  2. 調剤及び調剤された薬剤の販売又は授与の業務を行う体制並びにその薬局において医薬品の販売業を併せ行う場合にあつては医薬品の販売又は授与の業務を行う体制がべつに定める基準に適合すること
  3. 申請者が欠格事項に該当しないこと

1の構造設備の基準については、「薬局等構造設備規則」があります。2の基準については、「薬局並びに店舗販売業及び配置販売業の業務を行なう体制を定める省令」があります。

薬局の管理者

薬局開設者が薬剤師であるときは、自らその薬局を実地に管理しなければなりません。ただし、その薬局において薬事に関する実務に従事する他の薬剤師のうちから薬局の管理者を指定してその薬局を実地に管理させるときは、この限りではありません。

医薬品の分類

医薬品は次のように分類されます。

  1. 薬局医薬品
    要指導医薬品及び一般用医薬品以外の医薬品
  2. 要指導医薬品
    べつ(法14条8項)に掲げる医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであつて、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものであり、かつ、その適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なものとして、厚生労働大臣が指定するもの
  3. 一般用医薬品
    医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであつて、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているもの(要指導医薬品を除く)

お問合せはこちらまで TEL 092-407-8019 受付 9:00 - 17:00 (土日祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 水谷経営法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.