ワインの国内規格について

ボージョレ・ヌーヴォならぬ日本ヌーヴォの記事を見かけました。

2018年に「果実酒等の製法品質表示基準」によって、国内で製造されるワインのうち、原料として国内で収穫されたブドウのみを使用する果実酒を〈日本ワイン〉と定義し、製品のラベルにこれを表示するようになっています。

近年、日本酒が世界的な酒類のコンテストで評価を得るなどするなかで、国内のワインづくりも充実していると聞きます。

酒税法ではワインは果実酒または甘味果実酒に分類されますが、この表示基準によってさらに次のように区分されることになりました。

  • 日本ワイン……国産ぶどうのみを原料とし、日本国内で製造された果実酒
  • 国内製造ワイン……日本ワインを含む、日本国内で製造された果実酒及び甘味果実酒
  • 輸入ワイン……海外から輸入された果実酒及び甘味果実酒

この表示基準により、日本ワインは商品名を示すラベル表示に、「日本ワイン」という表示を行なうほか、次のルールに従って、地名、ブドウの品種名、ブドウの収穫年を表示できることになっています。

1.地名の表示

  • ワインの産地名(「東京ワイン」、「東京」 等)の表示……地名が示す範囲内にぶどう収穫地(85%以上使用)と醸造地がある場合
  • ぶどうの収穫地名(「東京産ぶどう使用」 等)の表示……地名が示す範囲内にぶどう収穫地(85%以上使用)がある場合
  • 醸造地名(「東京醸造ワイン」 等)の表示……地名が示す範囲に醸造地がある場合(併せて「東京は原料として使用したぶどうの収穫地ではありません」等の表示が必要)

2.品種の表示

  • 単一品種の表示……単一品種を85%以上使用した場合
  • 二品種の表示……二品種合計で85%以上使用し、量の多い順に表示する場合
  • 三品種以上の表示……表示する品種を合計85%以上使用し、それぞれの品種の使用量の割合と併せて、使用量の多い順に表示する場合

3.収穫年の表示

  • 同一収穫年のぶどうを85%以上使用した場合

つまり、ボージョレ・ヌーヴォならぬ日本ヌーヴォの誕生というわけです。日本人の感性が生み出す豊かな醸造技術は日本酒でも実証済みですから、日本ワインの今後も期待が持てそうです。

もう一つワインについては地理的表示が適用されています。地理的表示については、「酒類の地理的表示に関する表示基準」に次のように規定されています。

「地理的表示」とは、酒類に関し、その確立した品質、社会的評価又はその他の特性が当該酒類の地理的な産地に主として帰せられる場合において、当該酒類が世界貿易機関の加盟国の領域又はその領域内の地域若しくは地方を産地とするものであることを特定する表示であって、次に掲げるものをいう。

 イ 国税庁長官が指定するもの
 ロ 日本国以外の世界貿易機関の加盟国において保護されるもの

いわゆる地域ブランドとして地域の個性を打ち出すもので、この基準にしたがって蒸留酒としてこれまで壱岐焼酎、球磨焼酎などが指定されていますが、ワインについてもまず山梨、次いで北海道が指定され、さらに今年、長野、山形、大阪が追加されました。

原料となるブドウの品種についても、日本固有のものとして、甲州、マスカット・ベーリーA、ブラッククイーンなどが知られていますが、こうした努力を積み重ねて日本の風土に適したワインづくりがさらに進化してゆくものと思います。