薬機法の許認可まとめ

薬機法は、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品を対象として、その品質や安全性を確保することを主な目的としています。その性格上、製品について国や認証機関による審査等が制度化され、市場での取引については広告規制なども設けられています。許可を受けて事業を立ち上げた後も、そうした運営上の行政法務について細かい配意が求められる分野となっています。

薬機法に定められた医薬品医療機器等の許認可について、許認可ガイドの記事とそれを補足する資料をまとめて行きます。(作業中)